引越し インターネットはどうする?

引越し インターネットはどうする?

引越しなどの際において、固定回線などの光インターネットサービスを巡るやり取りなどは、新規で改めて利用して行くのか、それとも引き続き、回線そのものを移動したような状態で、アカウントをそのまま従来のものを利用して行くのか、どちらがメリットがあるのかについてですが、基本的に、光回線あるいはADSL回線のプロバイダー事業者や電話会社などにより、あるいはインターネットサービスの商品毎により使用が異なってきたりしますので、一口にどれが良いのかなどという点については、簡単には言えないのが現状といえます。

 

例えば、NTT社とのコラボレーションのカタチであるソフトバンク社がプロバイダーをやっている、ソフトバンク光のサービス商品の場合、これ自体がNTT社との共同運営でしているものですので、NTT社との連携が取れやすく、移動作業などもやり易いような面も、システム的にはあるようです。

 

しかし、エリアによってはNTT社の営業範囲内ではなく、プロバイダー事業者が設定をしている営業範囲内での移転の可否の問題となりますので、プロバイダー事業者単独の場合よりも、引越し作業の面においては、やはりやりにくいなどといった面なども、少なくはないようです。

 

一方、プロバイダー事業者単独のものの場合には、事業者によっては引越し先が営業エリア範囲外である地域の場合には、引越し作業やそのための申請が出来ず、それ以外のものを新たに新規契約をしていかなけらばならないなどといった場合も少なくはないので、ようく注意をしておく必要があります。

 

一人暮らしのインターネット契約TOP